TOP >  美容コラム > fashiongray >  ファッションカラーからファッショングレーカラーへ

ファッションカラーからファッショングレーカラーへ

LINEで送る
Pocket

お子さまが小さいこともあり、久しぶりのカラーリング。

中々行く時間がないとのことで、旦那さまが帰ってきてからのご来店です。

帰るころには、旦那さまもお子さまもお休みになっているとのことで、これも時間の使い方だと関心いたしました。

 

ファッションカラーからフレーカラーへ

これまでファッションカラーをしていたお客さまですが、後頭部の中のほうに、白髪がちらほら・・。

DSCF3594_s

 

ファッションカラーのご予約でしたが、グレーカラーに挑戦!

グレーカラー(白髪染め)というと暗くなりそうなイメージですが・・、

今回は、ファッションカラーと差がないように仕上げたいので、

明るい白髪染めのファッショングレーカラーにしました。

オーガニックカラーよりは、臭いも刺激も多少ありますが、

ファッションカラーから違和感なく変更できるのが最大のメリットです。

少し赤みが出ますが、透明感を求めて・・

補色を使わずあえてアッシュのみでグレーカラー。

DSCF3600_s

写真では若干判りづらいですが、グレーカラーとは思えない仕上がりです。

色の透明感、染め上がり、艶・・オーガニックカラーとは違う、明るいグレーカラー。

ファッションカラーから自然にグレーカラーへ移行できたのではないでしょうか?

写真は撮り忘れましたが、中の白髪もしっかり染まっています。

 

DSCF3601_s

赤みは、2,3日で落ち着いてくるのですが、最初から赤みを消したい場合は、赤みを打ち消す補色をブレンドして染めさせていただきます。

白髪がちらほら出てきているけど、グレーカラーって抵抗ある!

という方は、ファッショングレーから始めてみるのもおすすめです。

LINEで送る
Pocket