TOP >  新型コロナウイルス感染予防 >  マスクの付け方

マスクの付け方

まだまだ新型コロナウイルスの感染者が増えていますが、街中では、マスクをつけていない方、鼻マスクの方、顎マスクの方もまだまだいらっしゃいます。

ご本人様にしかわからない事情があることもありますが、シーズのスタッフは、不織布のマスクをなるべく隙間の無いようにつけています。

たまに、お客様につけ方を聞かれますので、今日はシーズでのマスクのつけ方を投稿します。

マスクは、付け方が、凄く大切です。

つける前に、必ず手を洗うか消毒をします。

ノーズフィッター(ワイヤー)を鼻の形に合わせますが、真ん中でぱきっと折るというよりは、鼻骨の山に合わせ折りたいので、鼻骨に当てて山折りに折り曲げます。

今度は鼻の形に合わせて鼻の側面に沿わせて谷折にします。

(僕は、先にゴムをかけてから、鼻の形を合わせる方が、フィットさせやすいで、そうしてますが、後からゴムをかけるのとどちらが正しいのか・・。マスクメーカーさんによっても説明が違うので、正直どちらが正しいかわかりません)

消毒した手で両手の指先できれいに折ります。

樹脂製のノーズフィッターは、後で折り曲げが緩くなることが多いので少しきつめに折り曲げています。

(形が戻りにくいノーズフィッターがついているマスクを選ぶのも重要です。)

微妙な曲線がフィットするポイントです。

サイド隙間が開かないようにフィットさせながら、顎までしっかりカバーして終了です。きれいな画像でなくて申し訳ございません。

マスクを外すとこんな形です。

周りを隙間なくフィットさせた方が、立体的になり、口元の呼吸が楽なような気がします。

意外と、時間がたっても形状をキープしてくれるノーズフィッターがついているマスクを探すのが大変。買ってみないと分からない・・・。

シーズで提案しているマスクの付け方では、外出先で外してマスクケースに入れるということは出来ないのが難点です

マスクの隙間が気になるという方は、是非一度試してみてください。

鼻をフィットさせると、サイドの隙間が開いてしまう場合の対処方法は只今試験中です。

まずは自分に合ったマスクを選ぶことが大切です。

自分に合ったマスクをお顔にフィットさせてつけることで、見た目もすっきりし、小顔に見えます。知的な雰囲気も出ると思いますので、是非挑戦してくださいませ。

まだまだ続いているコロナ禍。

感染予防には、マスク、手洗い、うがいが基本です。

ウイルスには、美容師とお客様の区別はありません。

お互いに協力し合って感染予防に努めましょう。

※記載の感染予防対策は、当店の方法や考え方です。参考にされる場合は、自己責任にてお願い致します。