TOP >  新型コロナウイルス感染予防 >  寒波の中での換気と室温について

寒波の中での換気と室温について

昨年は、新型コロナのことで奔走する1年でした。

感染予防の為に時間を使い、様々なことを調べたり、工夫したり、知恵を絞りました。

相手は目に見えないウイルス、これで完璧ということは無いと思いますが、様々な取り組みのおかげで、お客様からの信頼と評価を頂けたのではなかいと思います。

本格的な冬を迎え、換気が気になるところです。

扉は全開で営業していますが、(あまりにも風が吹き込むときは、一時的に半開)店内の室温は、20度~24度くらいをキープしています。

この数日の寒さでも、空気の循環の工夫によって室温が快適に保たれるようにしております。

また、お客様におきましても、Seedsでは、換気を徹底しているとの予想で、足元が冷えないような服装で工夫してくださっているようです。

ただ、ほとんどのお客様は、思ったより寒くないので、厚着してこなくても良かったかも・・とおっしゃってくださってます。

扉は全開にして吸気、大型の換気扇で室内の空気を排気しています。

ちなみに外気温が0度以下(この温度計マイナス表示はされません)

店内の温度はお客様が座るセット面で20度~24度。

ご来店時は、身体が冷えているのでヒーターも活用。

お気に入りのサクラクレパスのクーピーペンシルのカーボンヒーター。

遠赤外線の効果で、体の芯から温まります。

1月の外気温が0度以下の日でも扉を開けても快適に営業できているようでしたので、この冬はこのまま、換気を徹底して営業を続けたいと思います。

皆様ものご理解とご協力をお願い致します。

まだまだ続いているコロナ禍。

感染予防には、マスク、手洗い、うがいが基本です。

ウイルスには、美容師とお客様の区別はありません。

お互いに協力し合って感染予防に努めましょう。

※記載の新型コロナウイルス感染予防対策は、当店のやり方や考え方です。参考にされる場合は、自己責任にてお願い致します。