TOP >  お知らせ >  おしゃれマスクでなくてすみません

おしゃれマスクでなくてすみません

Seedsでは、スタッフは2重マスクで接客させて頂いてます。

不織布のマスクでも隙間があるとそこから呼気が漏れたり、エアロゾルを吸い込んだりするため、隙間が開かないよう、上からおさえるために2重マスクをしています。

万が一感染していた場合でも、ウィルスを外に出す確率がかなり低くなるはずです。

お客様から苦しくないの?

と聞かれることもありますが、そこはいつも試行錯誤しているSeedsです。

仕事中ずっと2重マスクでも苦しくないよう工夫しています。

そなこんなで、マスクに関しては、おしゃれマスクよりも機能と効果を重視しています。

※考え方は様々なので、おしゃれなマスクを批判する意図ではありません m(__)m

 

不織布のマスクについて聞かれることがあるのですが、 PFE99%カットと書いてあれば、

約0.1㎛(マイクロメートル)の大きさの微粒子を99%ろ過できたということを表しています。

VFE99%カットと書いてあれば、約0.1㎛~5.0㎛のウイルスが含まれた粒子がどれくらいろ過できたのかを表しています。

省略しますがBFE99%カットという表記もあります。

新型コロナウイルスは、約0.1㎛と言われていて、空気感染のもとになるエアロゾルは、約0.1㎛~1㎛、飛沫などは、約100㎛だそうです。

因みにサイズが大きくなればなるほど早く落下するそうです。

Seedsでは、不織布のマスクの上にもう1枚不織布のマスクを着用していますが、

家庭では、布マスクやウレタンマスクで上からおさえてフィット出来れば、おしゃれにしたり、経済的に使えたりできるのではないでしょうか。

マスクの隙間が気になるお客様は、お試しくださいませ。