TOP >  美容コラム > koso >  香草カラーの仕上がり

香草カラーの仕上がり

LINEで送る
Pocket

香草カラーで染めるのとヘナで染めるのどっちがいいですか?

ってよく質問されます。

正直、どっちもいい!と答えたくなりますが、それぞれに違う特徴があります。

ヘナは、オレンジ色がベースになります。ハイブリット式でもオレンジ味のブラウンの仕上がりです。

香草カラーの場合は、数種の明るさのブラウンをベースにオレンジやイエロー、パープルなどをブレンドし、色の組み合わせと配合で色々な色をつくります。

香草カラーでヘナのようなオレンジも作ることが可能です。

ブラウンベースなので白髪をしっかりカバーしたい方には香草カラーがお勧めです。

 

100%天然のヘナに比べると自然素材の割合は少なくなりますが、それでも殆どが自然由来成分で出来ていて、ブリーチ力(髪を明るくする力)もありませんので、肌がピリピリしみることがないのは、大きなメリットです。

ヘナと同じようにお水(Seedsでは特殊なお水を使っています)で溶くやさしいタイプになっています。

 

マニキュアのように、地毛に色が付いていくイメージなので、

黒髪は、地毛よりも若干暗く染まり、白髪はブラウンに染まっていきます。

白髪の分量や密度、染める色により、黒髪とブラウンが、ハイライトを入れたように筋状の濃淡に染まります。

DSCF3024_s

DSCF3035_s

ブリーチ力がないので、ダメージが残らず、地毛にトリートメントを施した仕上がりになるのは、カラーリングとの大きな違いです。

ヘナ、オーガニックカラーと合わせてカウンセリングにてご相談くださいませ。

 

※化学染料(ジアミン)が含まれておりますので、ジアミンアレルギーのある方は、ご利用できません。

※色についてのご質問は髪の状態を見てみないとお答えできないことがあります。

 

 

LINEで送る
Pocket