TOP >  美容コラム > henna >  ノンジアミンカラー(ノンアルカリカラー)とヘナとの色の違い(前編)

ノンジアミンカラー(ノンアルカリカラー)とヘナとの色の違い(前編)

LINEで送る
Pocket

ジアミンアレルギーのお客さまには、ヘナかマニキュアを提案しておりましたが、ノンジアミンカラーが仲間入り。

平均約97%が植物成分のトリートメントコスメカラー。

天然植物染料(ヘナ、インディゴ)とHC染料によるカラーリングで、ジアミンアレルギーの方でも、施術を受けていただくことが可能です。

※全ての方にアレルギーが出ないわけではありませんので、48時間前にパッチテストをされることをお勧めしております。

 

・酸化染料(ジアミン)不使用

・アルカリ剤、過酸化水素(オキシ)不使用

・界面活性剤、防腐剤不使用

・ノンシリコン

 

こんな方にお勧めです。

・ジアミンアレルギーでカラーが出来ない

・マニキュアでは、根本から染めることが出来ないので不満

・ヘナとインディゴ(1度染め)では、色が薄く感じる

・他店のノンジアミンカラーで、色落ちが気になった

・ヘナ(重ね染め)では、時間がかかりすぎる

・アレルギーはないが、ジアミンフリーに変えていきたい

等々・・・

※初めての方は、パッチテストをされることをお勧めしております。

気になるヘナとの違いは・・

左の6色が、ヘナ、ヘナ+インディゴ3色、ヘナ+インディゴ重ね染め2色。

それぞれは、染色した当日の写真です。

右の6色が、ノンジアミンカラー各色です。

ノンジアミンカラーは、染めた当日から、本来の色に発色します。

ノンジアミンカラーとヘナ

100%天然成分で染めたい方は、ヘナ。

ジアミンが入っていなくて、なるべく自然のものから出来ていればいいという方は、ノンジアミンカラー。

どちらもジアミンフリーですが、ご希望に合わせてどちらを使用するほうが良いのか、カウンセリングさせて頂きます。

100%ヘナとインディゴは、2,3日かけて発色いたします。

その画像は、後日掲載させていただきます。

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA